人気ブログランキング |


現役時代の海外滞在記、海外旅行記、写真仲間の記録です。


by gantou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
写真
未分類

以前の記事

2019年 07月
2018年 05月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
趣味や愛犬との生活、昔の...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

重粒子線、陽子線の治療
at 2019-07-26 08:20
リューマチの温熱療法
at 2019-07-09 19:17
関節リューマチ
at 2019-07-03 23:33
友の逝去
at 2018-05-03 15:19
写真クラブに関わって居ます。
at 2017-12-31 23:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
ブログ

画像一覧

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

天空の絵画

b0213639_2392422.jpg
クリニック患者待合室に写真愛好会の作品を40枚ぐらい掲示しています。私も江戸川の夕景を”天空の絵画”として縦45cm、横幅1m20cmに伸ばして掲示しています。患者が、この写真を見て感激して涙して居たと、事務員から報告がありました。人に感動を与えていると、知らされたのは初めてで、嬉しい限りです。確かに写真は大きく伸ばすと、見応えがあって、小さな写真より迫力が増します。今後も頑張って他人が喜ぶ写真を掲示します。
この時は夕焼けを期待して江戸川の土手に上がった。陽が沈み空も変化無く、今日は駄目だったかな?
それから、西の地平線の一点が赤く染まりました。見ていたら、その赤い色は見る見る中に、広がり始めた。2~3分で、全天が真っ赤に染まり正に天空のドラマです。土手にいた何人かは、歓声を上げて携帯などで撮っていた。土手の常連さんも見事な茜雲に感動していました。私は空の南から北に向けて5枚位、撮り、パノラマに仕上げました。本当の色に近付けるのに苦労しましたが、ほぼ、当時の色を再現しています。
”NIKソフト” の”viveza2” を使用して居ます。
by gantou | 2012-09-24 23:09

山口義夫さんの実験レポート

山口義夫さんが平成24年5月17日朝七時四十分に逝去されました。謹んでご冥福をお祈りします。彼は、後藤新平の関東大震災の復興局で働き叙勲された、元・東大教授・佐野博士を大叔父としてDNAを引き継いで居た。彼は学卒では無かったが、努力家で何でも極めずには居られない人でした。佐野博士が日本の建設学会で確立した強度計算の手法を習得して、仕事上の強度を計算しました。
生前の彼は発想力が豊かで、業務でも局舎の廉価版を設計・開発し、移動通信会社(携帯電話)に多額の売上げで会社より貢献度に対して報奨金を受領した事も有ります。電話局用の大型電源設備の設置、調整試験、自宅ではピザ釜の設置、蕎麦打ち、定年後は住民5000人の町に、NTTと交渉し光ケーブルを敷設させたり、趣味の山歩きを主唱して、会員25名、吹き矢のグループを作り吹き矢を楽しむパーティの設立。写真、パソコンもこなします。圧巻は木工の加工です。彼が作る額縁は見事な出来栄えで、プロも裸足で逃げ出す腕前でした。他に、彼の燻製は、特別な燻製釜を考案し、貝柱も美味しく仕上げてくれました。それらは、もう思い出の彼方です。 有り難う御座いました。生前の御教示に感謝します。彼には、多くのファンが居て悲しむ事でしょう。 私もその一人です。   合掌
生前、メールで山口さんから、下記の熱線利用の切断機レポートをURL に上げる事を依頼されましたが、Facebook と、このURLに上げることにします。
**************************** 山口さんのレポート ***************************
先日友人からの依頼で、設計した立体電熱切断機の温度試験を行いましたので、ご覧下さい! 僕は、学校でも”実験”をするのが好きでした! でも、やはり腕が落ちたのが良く判りました。
簡単な実験(試験)回路なのに、電流計の接続を間違えたりしてしまいました!  笑えますね!

温度試験を実施しました。 dataは添付資料の通りです。結論は、設計通りの性能?が出て居ます。 3.5Aの定格内では問題ないと思います。 6A迄電流を超過させた所、ニクロム線が溶断しました。(下の木部が燃えだして、その炎に炙られて溶断したのかも知れません?)6A近くまで電流を流すと、ニクロム線は白熱するので、計測上の温度(380度)よりニクロム線の温度は数百度高い6~800℃だったかも知れま せん。
スライダックの文字盤に電流値(1A,2A,3A,3.5A,5A)をマジックで記して有るので、この値を参考にして、実際のニクロム線の発熱状 態(色)を 見て電流の加減をすれば宜しい! ただ、電流検出用の抵抗値も併せて取り付けて有るので、そこにテスタ-を繋げば、電流値として読み替える事が可 能です!
* 別途説明しますが、この抵抗の両端に1Aの時は100mV、2Aの時は200mV(交流)の電圧が計測出来ます。 故にこの電圧を読んで電流値と読み替え る事が可能と言う事です)

実機での試験では有りませんが、傾向は一緒です。ニクロム線の機械的強度と熱(溶解)対策を考えると実用的な電流値は「1.5A~2A]ぐらいが良いのではと思います。また、この電流値で”木材”が切断可能か否かに付いては、確認していませんので、貴兄が実際の作業でお確かめ下さい!
確かな事は、この装置は、¥9万円で市販されている機械に比して性能的には何ら劣る事が無いと言う事は”保証”します! 発砲スチロ-ル専用で、上記価格ですからね! バルサ材(軽く柔らかい木)なら行けるでしょう?
b0213639_1459289.jpg

b0213639_1417515.jpg
b0213639_14174216.jpg
b0213639_14174459.jpg

by gantou | 2012-09-19 14:18

ブータンの猿。

4CH TV で、志村の動物王国に出演して人気者だったパン君は女性を噛んだとか・・・  
私の経験ですが、猿はニホンザルも、チンパンジーも、ゴリラもそうだと思うが、父親は、普通は、ボス猿です。其の子供だから性格は気が荒い。ブータンで猿を飼っていたが、猿の目から見て人間も序列を付けられています。これは、犬も同様で人間に序列を付けています。ブータンの現地責任者の私は猿からも、一目置かれていた?が、スタッフから運転手まで猿の目には序列が付いていたようです。例外は女中です。徹底的に猿から嫌われ、餌も檻の中に怖々と差し入れる状態です。猿は隙があれば飛び付き襲い掛かります。猿の目からは、本能的に女性は下に見るようです。
  今回のパン君が女性を噛んだ暴挙は、彼等、猿から見れば当たり前のことで、女性は目線でも合わせれば、襲われます。動物関係に取り扱いの慣れた方が多く居た筈なのに、その点を理解せず無防備で女性が接したのは残念です。
  他に猿は毛繕いをしてくれます。肩に飛び乗り髪の毛を丁寧に掻き分けて、虫を探します。しかし、何時までもさせて置く分けに行かず、途中で肩から下ろして止めさせるが、それを強制的にすると猿は怒ります。未だ、終わっていないと、言いたいのか?自分にも毛繕いをして欲しいのか、最期まで分からなかったが、途中で止めると怒っていた。私は、在るとき髪の毛の次に、止めさせて猿の毛繕いをしてみたが、猿は大人しくさせていた。やはり、猿の世界でもギブ・アンド・テイクが在るのかな?と感じた事が有ります。これらの事はブータンで猿を飼っていて感じた事項で、全ての猿に当てはまるかは、定かではありません。
by gantou | 2012-09-08 14:09