人気ブログランキング |


現役時代の海外滞在記、海外旅行記、写真仲間の記録です。


by gantou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
写真
未分類

以前の記事

2019年 07月
2018年 05月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
趣味や愛犬との生活、昔の...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

重粒子線、陽子線の治療
at 2019-07-26 08:20
リューマチの温熱療法
at 2019-07-09 19:17
関節リューマチ
at 2019-07-03 23:33
友の逝去
at 2018-05-03 15:19
写真クラブに関わって居ます。
at 2017-12-31 23:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
ブログ

画像一覧

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニュージーランドで飛ぶ

b0213639_1811525.jpg
ニュージーランドは、南島の内陸に有る街ですが、ワカティブ湖・湖畔の街、クィンズタウンです。女王陛下にお見せしたいと、市民が誇る素晴らしい景観の町です。この町には交通信号が一ヶ所だけ有ります。ワカティブ湖は透明度の高い湖だが、水深も深く水道水に使われていると地元住民が話している。水は、湖底近く200mで取水して、消毒は、していないと聞きました。また、鱒の宝庫で一人の釣果は制限が有り保護されています。大きな鱒が釣れるそうです。我々は町から山にケーブルカーで上り、終点から更に荷物を50m?重い荷物25kgを、絶壁の様な急斜面を担ぎ上げ、峠の上からパラグライダーで、飛びました。飛んで見ると登った苦労が報われる程、素晴らしい景観で、思わずカメラで撮った。この地点で高度500m位ですが、思い出の多いフライト・ツアーでした。正面の山は、2000m越えていますが、夏の2月なのに積雪があり、寒波に襲われ、ブルブル震えていました。
by gantou | 2011-07-25 18:03

最後の晩餐

1973年スイスで仕事をしていた時、週末に夜行列車でミラノ他、イタリア各地を旅した事が有った。そこで見た「最後の晩餐」 レオナルド・ダビンチの名画だが、絵は天井近くの欄間?に描かれていました。当時、これが人類の至宝かと落胆した。戦争中は土嚢を積み上げ、市民が名画を守った苦労も有ったと、聞きましたが、室内の床には埃が積もり、歩くと埃が舞う。エアーコンも無い。表から風が吹き込む部屋には、管理人も居ない。ドアーもなく、外から そのまま入室出来るが見上げると、其処にダビンチの名画が有る。入場料も無料。絵は くすんで、変色していた。信じられない程、荒れ果てた状況で、心底嘆きました。時代は変わり、今はエアコン完備で絵も修復されて、完全予約制の美術館に生まれ変わり、ダビンチの名画は保護され、入場料は、32ユーロで、公開されている。イタリアには各地に紀元前からの至宝が残されている。
by gantou | 2011-07-20 23:06

アメリカのスクールバス

アメリカでは、交通機関は日本程、発達して居無い。従い黄色い、スクールバスが生徒たちを住居の近くから学校まで運んでくれる。バスは多く十分な数が確保されている。朝の通学時は全部学校に向けて走るから問題無いが、下校時はバスの行く先別の番号のバスに乗ら無いと家に帰れない。子供が慣れない頃、番号を間違えて、行く先の違うバスに乗ってしまった。言葉も分からず、どうなる事かと、帰宅のバスを出迎えた母親はバスに乗って居無いから、パニックでした。しかし、先生方は慌て無い。直ぐに無線で各バスに連絡して、行方不明の子供を見つけてくれた。バスに、乗って居れば安全なのです。バスは街の交通法規でも最優先で走行できる。バスの下車、乗車でバスが停止している時に、脇を停車せず車で走行すると罰金です。追い越しても、罰金です。皆で子供を守るスクールバスです。
by gantou | 2011-07-13 22:57

強い薬です。

治療の方は本日、抗ガン剤の第四クールを終え,月末の精密検査待ちです。抗ガン剤は5回目は無い。薬が強く、看護師は手に付かない様に普段使うゴム手袋より丈夫な手袋を使い、手に付かない様にして点滴の作業を行う。手に付くと其処の細胞を攻撃されて壊疽に成るらしい。ガン細胞を殺すために強い薬を入れる訳です。私が終えた空袋を、素手で触ったら看護師に怒られた。不思議な薬で、そのような強い薬を体内に注射するのだからどうなっているのか? 白血球が働いて助けるのかな? 従い何度も使えない薬です。患者に依っては、4回まで投与されず中止される人もいると聞きます。
私はステージ4だが幸いに第四クールまで終えました。月末の診察結果は・・・。
by gantou | 2011-07-11 18:28

神の指

個室は静かで気に入った。テレビは我が家と同じで画質も良く快適なTVだ。
ただし、話し相手がい無い。看護師ばかりでは・・・。
前回の抗がん剤では、三度目に注射針を挿入出来たが、結局、三日目に漏れて皮膚が腫れ上がり
駆け付けた先生に手当して頂き、退院後も腫れ止めの処理をしたが幸いに大事に至らなかった。
今日は◯◯先生が点滴の注射針を差した。30代半ばだと思うが、彼女の指先は"神の指"だ。
抗がん剤で、血管は細くなり、硬くなって、皮膚の上からは血管の膨らみも青さも分からない。
でも、指先が深い皮膚の下の血管を探り当てて、一発で痛みを感じさせずに、針を打ち込む。
薬が漏れたら、最悪壊疽になると脅かされた劇薬?だ。 これで安心して点滴を受けられる。
by gantou | 2011-07-09 08:02

今日から入院

今日から入院したが、抗がん剤の第四クールを受けるために5日間頑張ります。
大部屋の方が色々と話が出来て退屈し無いのだが、空室が無いので仕方ない。
個室はテレビも冷蔵庫も無料だ。冷蔵庫は大きくて、けっこうはいる。
手洗いも洗面も自室に在る。テレビは地デジもBSも、高画質で映り、大部屋と
大分違う。問題は抗癌剤が効いてくれる事だが、神と医者に祈るだけです。
by gantou | 2011-07-07 19:46