人気ブログランキング |


現役時代の海外滞在記、海外旅行記、写真仲間の記録です。


by gantou

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
写真
未分類

以前の記事

2019年 07月
2018年 05月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

フィレンツェ田舎生活便り2
趣味や愛犬との生活、昔の...

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

重粒子線、陽子線の治療
at 2019-07-26 08:20
リューマチの温熱療法
at 2019-07-09 19:17
関節リューマチ
at 2019-07-03 23:33
友の逝去
at 2018-05-03 15:19
写真クラブに関わって居ます。
at 2017-12-31 23:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
ブログ

画像一覧

カテゴリ:未分類( 216 )

重粒子線、陽子線の治療

私は放射線の加療は主治医から許可が出ず放射線に踏み込めなかった。加療を何もしないので、止む無く温熱療法での治療を開始した。当初は半信半疑で最初は信じていませんでした。処が玉川温泉で湯治をしていると多くの癌患者が一生懸命に加療している。実際に癌が縮小したと話す人や中には快癒したと話す人も居て、患者の表情は明るかった。私も癌研の経過観察と平行して岩盤浴で湯治したが、医師の診断は中々短期間で結論が出なくて、湯治から2年後?位に、癌は枯れたと言われた。
後でCTスキャンの経過観察資料を見直すと湯治を始めてから10日間で癌は変わらないから最初の10日間で枯れたと推測出来る。 医師から枯れたとの診断が出ないから、出るまで二年間、色々と加療したが無駄なことでした。
   又、癌が出来たら、抗がん剤を処方してもらい、それから平行して湯治に通います。玉川温泉の岩盤浴は絶対です。朝夕、二時間ずつ、一日4時間の岩盤浴が全てです。放射線も効果あるでしょうが高額な医療費を必要だと考えてしまう。1/10以下の経費で済み、その上、副作用は何も無い。人それぞれで、経済的に余裕が有り先進医療に踏み出す人が居ても良いのではと思います。



by gantou | 2019-07-26 08:20

リューマチの温熱療法

b0213639_16305557.jpg
今日は、リューマチの診察日でしたが毎週皮下注射をする。以前の注射は、3ヶ月しても効果無く今の注射に変えた。看護師は私が診察室に入った時から、挙動を見て身体の動き具合を確認し薬による改善具合を確かめてる。

今週は購入した温熱器が功を奏して、看護師の診察の所見では、身体の動きが軽やかで腫れていた足の腫れも引き、更に冷え症の冷たい足の血流が改善し、暖かくポカポカしてると、触診で驚く。彼女は診て、先週より大幅な改善を認めて不思議な顔をした。私は温熱療法で3〜4日前から機器を使い加療して居ると話す。実際には温熱機利用の初日から効果を感じていた。看護師はこれほどの効果の機器を是非見たいと話すので、次週に持参し実演します。
何時も上手に足をマッサージしてくれて、患部の状況を診るから、変化が分かる。主治医も皮下注射をする部屋を見て声を掛ける。

  今朝は肩が凝っていて、肩の筋が痛い位でしたが。温熱機を思い出し暖かい温熱機を肩の筋にに当て様子を見た。効果はてき面で痛みは遠のき楽になった。万能と思える温熱機の効能だ。温熱器は、玉川温泉の岩盤浴と違い局部に熱を放射する方法から、居間でTV観ながら、又、寝床の中で加療出来る。私は常時150° (30W)で使用するがリューマチの患部への照射をすると、ピンポイントでチリチリと熱く痛みを感じ効果がある事が、分かる。この心地良い痛みは玉川温泉での岩盤浴でステージ4の肺がん治療の時と同じ感触です。使用感は個人差があると思われるが私自身は満足だ。もっと早く導入すれば膝にチタンの人工関節を入れずに済んだと思われる。


温熱療法は、中々人々に信じられない。近代医学には有り得ない療法で医師は学校
で学ば無いから、信用せず、温泉で癌が治るか!と、鼻で笑う。例外として私の懇意の医師は日本の肝臓癌の大家だが、若い医師は勉強しないと嘆く。
彼のクリニックでは温熱療法の機材を
セットしてある。これは希なクリニックだと思います。

   温熱療法を友人にも話したが低開発国の祈祷師の治療と同様に見て、癌の家族の為に導入し
なかった。家族が重篤に成り万策尽き温熱療法の関係者に相談し症状を説明したが、既に遅いと断られた。家族を亡くした後に、私から温熱療法を聞いた時、信じられず踏み出せなかったが、やれば良かったと、メールで心の内を語っていた。

   幼友達が肺癌を発症したが、温熱療法を説明しても僕は主治医の指示に従い治療すると話し温熱療法を、信用せず無視した。その後、病は進行しホスピスに入った。残念なことです。

   別な友は温熱療法を聞き、温泉に行かず温熱器を購入し暇に任せて肺癌手術の取り
残しを炙った。癌は小さくなり消滅したが、医師の診察で、肺癌を捜しても見つけられず、首を傾げていた由。友は何も語らず微笑んでいたと言う。温熱療法は、近代医学と並行して加療しても何ら問題ない療法だ。悩みは、快癒した時、医師の治療か、温熱効果か?解らない事です。私の場合は、肺がんの時、抗がん剤を投与されたが、それ以後、医師の治療は一切無く、仕方無いので玉川温泉に通い温熱療法だけで加療したから効果は歴然としていた。費用は、玉川温泉に行く、東京から56日の湯治費用より温熱器は安く購入出来る

    (当ブログは広告が入るが、私とは何等関係の無い医療広告です。)



by gantou | 2019-07-09 19:17

関節リューマチ

私の癌は玉川温泉で快癒したが、医者や他の友に話しても眉唾もので中々信用されない。最近、リューマチで医者に通い、高価な注射をするが、1 回9000円。月に5回だが、半年しても、中々腫れは引かない。ある時、風呂場で熱めのシャワーを掛けたら、癌に岩盤浴で熱を与えた感じと同じ感触で、皮膚の下がムズムズする。昔の癌治療を思い出した。それから、朝夕、片足10分位、シャワー掛けて、マッサージ後、更に熱いシャワーを掛ける事を繰り返した。マッサージすると、皮膚の下の何かが炙られ暴れる感じで痒い。更に熱めのシャワーで熱を与える。他の部位に熱い48度のシャワー掛けても熱いだけで何も感じ無いが、何か居る?皮膚の下を目掛け熱湯?を掛けると、熱痒い。何時も看護師がマッサージして腫れを治すがシャワーの成果を見て腫れの引いた患部に驚いて居た。肩に熱めのシャワーは足と違い熱に耐えられ無い。近赤外線発生機を名古屋から購入しシャワーの熱の代わりに肩に使う。高いけれど仕方無いかな?治るか否か、楽しみだ。高価な近赤外線発生器の成果は後程。効果なかったら辛い買物になる・・・ 治ったら温熱療法万歳 ‼️ 今回は18年加療して居るから終わりにしたい。
by gantou | 2019-07-03 23:33

友の逝去

私の大好きな人が享年73歳で亡くなったと、友人が電話して来た。理知的な賢い
人でした。とても寂しく涙する知らせです。最初は信じられなかった。彼女は
芸大卒業の経歴で私が写真展示会の時は、四ッ谷の会場迄毎回来てくれた。
ご自分でも絵を描き作品には関心の高い人で、コメントもくれました。美術館の
学芸員を務めていたと、聞きました。
  美人で筑波万博では、コンパニオンも勤めたと話していました。ある日、
彼女が昼食を終えたレストランで帰り際にハグしようと言いつつ皆の前で優しく
ハグする進んだ人でもあった。アメリカでは当たり前だが、日本では余り経験が
無い。私と彼女は、お互いがファンで、その気持ちを知りハグしてくれたと思う。
今日は、それらの思い出に浸り、寂しい知らせで落込んでます。

先月14日に亡くなったが、今思うと、余り普段は気にしない人でしたが、先月
半ば頃から、展示会も無いし、用事も無いが、何故か電話を久しぶりにしようと
思いが募っていた。あれが、虫の知らせと言うのかな?

彼女が国立がんセンターに見舞いに来てくれた時、家内も応対したが、その時の
印象は、この方は爽やかな賢い人と、第一印象でした。私が訃報を聞き落ち込み、
家内は彼女の賢さを良く憶えて居て共に偲んでくれました。

彼女の写真は数十枚位P/Cに保管されてます。カメラを向けると何時も笑顔で
快く応じて、彼女の写真は明るい笑顔で満ち、他に例を見ない素晴らしい
モデルでした。彼女は若さと美貌を保ち女性軍の憧れでの的でもある。
これからアルバムを作成してご遺族にお渡しすべく準備中します。  合掌

by gantou | 2018-05-03 15:19

一枚の写真

今日、インフルエンザ予防接種に行って珍しい人にクリニックでお会いしました。
7年前にクリニックで主催した 吉川英治 記念館等を巡るハイキングがあった時に
仲間を撮ったポートレートを差し上げたが、その方は後日、『舌がん』で、 亡くなられた。奥さんは、その旦那の写真を大事にして、お墓に、飾っていると話す。その写真は吉川邸内の蔵の前に置かれた、赤い毛氈のベンチに座り新聞を読む姿です。
大人しい旦那さんの思い出話で時が過ぎました。 人は必ず死ぬが奥さんが、今でも旦那を思う気持ちが伝わってきて、何か、ほのぼの とした気持ちに成りました。

私が7年前に差し上げた写真の話しをして、ハッキリとその時の状況、赤い毛氈、ベンチ、新聞、蔵の格子縞の塗り壁を話して写真の思い出を話した。今でも目を閉じればその時の情景が浮かぶ。寂しいが、仕方ないですね。
旦那さんは、がん研病院で三度も舌を切り取り、他の筋肉を移植する事を三度もやったのでは大変でした。人ごとながら辛さが身にしみます。奥さんは八年振りに会って、写真の御礼を何度もして居ました。そして他の人には話さない旦那さんの苦しい闘病生活も話してくれました。
  
今日、
クリニックで写真の事を話したが、夕刻のニュースで50年前のオリンピックのポスターに関して報道されていた。そのポスターは陸上競技で短距離100mスタート時の選手全員を撮ったもの。100枚位の写真を撮ったが全員の顔が写っていることが条件で写真を何枚も撮った。

その中の一枚が全員の顔が写っていて撮影者は納得したそうだ。その中の一人はオリンピック出場を目指し練習していたが、選考の直前に右足の故障で、競技から遠ざかりオリンピックも悔しくて見なかった。傷心のまま過ごしていたが、友人の家で、自分が写っているオリンピックのポスターを見て、昔を思い出し、写真を部屋に飾り自分への励みにして、生活の支えにしていると言っていた。奥さんは、80才に成る旦那が写っているポスターの写真は宝物ですと、言って居ました。此も一枚の写真に対する思いがこもっています。

『舌がん』で、無くなった方の、奥さんは思いを込めて私の写真を見て居てくれた訳です。クリニックを出る時に、彼女は車の傍に来て、深々とお辞儀をして私を見送ってくれました。良く分からないまま恐縮して会釈を返しましたが、TVの報道を見て、奥さんの思いが解った様な気がしました。奥さんには一枚の写真だがされど重みの有る一枚だった訳です。

写真は何気なくシャッターを押していますが、時には重みのある一枚の写真に変わる事を、このエピソードから学びました。

by gantou | 2017-11-16 21:33

国宝

永い事ブログを、休んでいました。今後、豆に記して私の記憶に止める様にします。

今年指定された建造物の国宝です。だから、どうしたの?と言われると二の句が出ないが
これ程の建造物が、奈良、京都以外で、指定されずに残っていたことが驚きです。
国宝建造物は全国に散在するが、今回、専修寺が国宝に指定されたことは遅きに失した感じ。

昔、海底ケーブルのプロジェクトに携わっていて、海外からの客を国内の観光地に案内した
事がある。その中でアメリカ人は、建国200年際をして、祖国への自信と誇りを持っていたが、
日本の歴史を垣間見て、それを砕かれてしまい、改めて日本の歴史を建造物を見て、驚いていた。
米国は建国二百年だが、それ以前から営々と歴史の中で活動してきた事は感動を覚えると
話して居た、アメリカ人を思い出す。


by gantou | 2017-10-21 14:01

撮影の遠隔制御

最近はiPad とスマホでカメラをコントロールできる。カメラにはメモリーに SD カードとCFカードが搭載されているが、SDカードスロットをWiFi用にして無線機能を持たせiPadとスマホにカメラと交信する。距離は可なり離れても動作する。海外では、離れて置き遠隔操作していると、持って行かれる危険性もある
① データの転送はカメラ内部の写真と、F、SS、ISO 設定が出来る。
② iPad スマホで画面をタッチすると、その部分にピントが合う。
③ シャッターも、iPad とスマホからリモートで押せる。
④ カメラ内部の撮影した画像をiPadとスマホで総てを確認出来る。

これらの機能を持ったコントロールセットをアメリカのメーカーが販売するが高い。WiFi 機能のSDカード5000円で解決し便利に使える。カメラ機種に制約が有るが幸いに私のカメラには対応していたのでカメラのOS(ファームウェアー)を更新して使っている。今は、各種カメラにこの機能が付随する様になり便利だが、初めて手にして楽しんでいる。問題が有る。カメラ内蔵の電池は減るのが大変速い。小型の外部バッテリーを探して用意する必要がある。
b0213639_1893320.jpg
b0213639_18101397.jpg
b0213639_1810451.jpg
b0213639_18111298.jpg

by gantou | 2017-01-27 18:13

クリスマスミサ

友人のミサでイグナスチオ教会でミサに参列して久しぶりに仏教徒の私は教会を
訪れました。思えば私は、ヨーロッパの教会が保有する美術品が溢れて居る感じがして、仏教徒
ではありますが、何度も各地の教会を訪れる機会に恵まれました。スイスの村の中の小さな教会
でも、拒む事は無く入れました。教会の中では、心なしか気持ちが落ち着きます。中でも法王に
十字を切って頂いた、バチカンのクリスマスミサは忘れがたい思い出で、二人の法王に感謝して
います。時節柄、世界はクリスマス・シーズンになります。
以前、書いたブログの一コマを思い出して、再掲示します。

当時の私は若さの行動で反省してますが、バチカンの思い出をブログに掲載します。
1973年リビアのプロジェクトに従事して、年に一度の休暇を、バチカン市国のクリスマスの
ミサを見に行く事に勝手に決めて万難を排し、バチカンに行きました。着いてみると、バチ
カン・サンピエトロ寺院前の広い、広場は群衆で埋まり、入り込む隙間も無い。これほどの
人出を予想していなかった私は吃驚して思案した。取り敢えず入口に行こうと群衆に突進し
た。山手線のラッシュアワーの車内の混み具合いです。パウロ・セイス(6世)の時代は人々
のバチカン への、関心は高く10万人の人出?と言われた。人々の間を、かき分け、かき分
け、パルドン! と、厚かましく、一番前に出たが、サンピエトロ寺院の入口階段下はロープ
が張られて進めず入場出来無い。また途方に暮れて、何か方法が無いかと周りを見ると、僧
衣の立派な方、枢機卿が、背の高い正装の帽子をかぶり、正面階段から降りて来た。20m
位?離れていたが、枢機卿に呼びかけた。

『私は遠くの国からクリスマス礼拝を見に来ました。これほどの人々が居るとは思わなかった
が、入場したい。どの様にしたら入れるか教えてください。』 と、概略、以上の事を枢機卿に
声を張り上げ、お願いした。枢機卿は、私を見て話も聞いてくれたと思ったが、無言で、
きびすを返し階段を戻って行く。駄目だったかと、落胆した。暫くして、ロープにつかまり
佇む私は、また、入口に現れた枢機卿を見付けました。階段を下りてきます。今度は従者を
後ろに連れています。

20m位の手前で立ち止まり私を指さし、何か従者に話しています。あの指先に私がいる事
を願った。従者が真っ直ぐ私の傍に来ました。小さな紙片を無言で私に渡す。周囲の群衆が
券を見て欲しがり大騒ぎです。余りにも興奮するので、これはキット素晴らしい券だと、想
像するが分からない。従者は黙ってロープを上げ私にくぐる様に促します。バチカン衛兵が
槍を持ち警護する左側の入口を指差し、手で通れと指示する。ミケランジェロ デザインの、
軍服着たスイス人独身男性の衛兵が眩しく見えた。券を見せると奥へ通れと、また無言で指
し示す。

長い石造りのトンネルの様な歴史を感じさせる古い石畳の通路を通り、奥に歩いて行くと、
別な衛兵が立っている。券を提示すると中に入れと、ドアーを開けてくれた。そこは、法王
がミサを行う祭壇の脇で、左側の最前列に椅子を与えられ、やっと入れたと思った。その時
は知らずに、着席したが、その席は世界中の信者の憧れの席で、抽選で10万人に一人の確率
で席を与えられるそうです。私は後日、それを知り改めて幸運の感動が、込み上げました。
落ち着いて中を見渡すと、テレビ中継の撮影用ライトが幾つも、聖堂の高い天井近くに取付
けられ聖堂内の金箔に覆われた壁や天井は光輝き、荘厳な美しさだ。

やがて、法王パウロ六世がクリスマスミサを執り行い全世界に平和メッセージを送ります。
総てが終わり祭壇から降りて来たパウロ・セイス(6世)は、真っ先に十字架の付いた長い杖
で、私に十字を切ってくれました。この方が、全世界10億の信者の頂点に立つ法王なのだ
と、某然として立ちはだかり、私より小柄な1m50cm位の法王を見つめて居たが、法王が私に
十字を切った時、彼にオーラを見ました。自然と頭(こうべ)が下がり、跪き、キリスト教
の、寛大さを感じ、感謝と喜びの気持ちが湧いて来ました。彼らは来る者は阻まず誰でも受
け入れてくれる。

私の後部座席の日本人司祭が、私が日本人だと知って、驚き、どうして此処に座る事出来た
かと、それは、驚きの声と顔で訊きます。その席に座る希望者が多く、世界の信者が応募する
席に着席する私に驚きの声で話しかけてきました。例えば、隣の席の夫人は、エチオピアから
来たと、話していた。日本人の信者も中々入れない場所です。私は一言、日本人司祭に・・・
    『枢機卿に入れて頂きました』。

後年、新婚旅行でバチカンに家内を案内して、サンピエトロ寺院に入り着席した場所を指し
示し、思い出を話しました。そのローマ滞在中、奇しくもパウロ六世は逝去され、バチカン
会議室の煙突から、後継者選び(コンクラーベ)の結果の印である、白い煙が上がりました。
その時に選ばれたのが、ヨハネパウロ1世でした。この法王は短命で33日間の在位でした。
パウロ・セイス(6世)の逝去に伴いコンクラーベの煙が上がる報道写真をローマの新聞に
見て、天国へ昇るパウロ・セイス への、お別れと、青春への惜別の思いが有りました。
33日で逝去されたパウロ一世でしたが、その次に法王に成った方を、写真で見て驚きました。
私に券を従者を通じて渡してくれた、少し猫背で背の高い親切な枢機卿ヨハネ・パウロ2世
でした。あの時に名前を聞き逃し、失礼したが、20mの距離で拝見した お姿と顔立ちから、
近年、聖人に列せられたパウロ2世だと確信を持って言えます。故に、独断で入場券を私の
僅か2~3分の一方的な御願いを聞き届け、身元不明の旅行者の私に券を渡せる実力者でした。
御咎めも無く、法王に近寄り息づかいまで、感じる近さで、法王の靴にさわれる距離で跪き
十字を切って頂いた。今の世相では身辺警護から、厳しいと思う。クリスマスの時に、
バチカン法王のクリスマスミサを拝見し、平和メッセージを毎年聞きますが、寛大なヨハネ・
パウロ2世への感謝の念で一杯です。その法王も逝去され聖人に列せられました。

後年、この出来事に対して・・・・
会社役員が敬虔なクリスチャンで、私の経験を聞き大変喜び祝福してくれた。
一方、アメリカ人のクリスチャンの秘書に、話したら仏教徒の貴方が、私が行けない所に、
何故行けたのか! と、大変なジェラシーを、感じて怖い思いをしたもの。
秘書は日本で言うかかあ天下の感じでした。人の思い様々なバチカンのクリスマスです。

長いので、掲載するか迷いましたが、最後まで御読み下さり有難うございました。

              .後記.
今、思うと随分と馬鹿な事をしたと、若気の至りで恥ずかしくなります。私の言いたい事は
キリスト教は来る者は、拒まずで暖かく両手を広げ歓迎して下さる事が、私の愚かな行動で
認識できたことです。40年以上、経ちましたが、バチカンの人達には、今でも感謝の念で
一杯です。名も知らぬ、何処からの風来坊とも知れぬ若者を受け入れて下さる寛容に満ちた
教会は格別です。バチカンは若い頃から四度、五度と訪れ、その都度、新たな発見が有る
素晴らしい教会です。また訪れたいと願っています。
by gantou | 2016-12-17 17:51

温熱療法 その三

チタンの膝関節を入れる手術をしたが、術後の傷跡が早く着く様に温めた。術後直ぐには傷は
発熱するから、冷やすが熱の引いた後は患部をヒーターで温めた。電気毛布使用。そうすると、
手術跡の回復が早く、傷跡も早く着き綺麗だ。看護師も執刀医も傷口を見る度に綺麗だと言う。
私は他人の手術跡は見た事ないが、今では手術跡は半分消えかかっている。温めたからだとは
看護師も、執刀医も、誰も信じない。言えるのは体温を維持して温めると体力が付き病に勝てる
からだと感じます。温熱療法万歳! 今は傷跡は消えかかっています。
by gantou | 2016-12-05 18:16

温熱療法に目覚める。その二

私の癌は医師団は枯れたと言われるが、私も遠赤外線を5年前に知って実践していたら、早期に快癒したと思います。

癌は43度で死滅しますから、熱で殺せます。唯、人間の身体は皮膚から皮下脂肪も有り、魔法瓶の如く厚い肉で保護されているから患部に中々熱が届かない難点が有ります。しかし、遠赤外線の熱は体内深く届く様で普通のヒーターで温めるよりは、遥かに効果的らしい。電気専門のエンジニアは熱線は体内深くには届かない筈とNETに書いている人もいる。しかし、別な論者は体内深く遠赤外線は届く、また、骨が蓄えた熱は数時間にわたって放熱をするという。私は確かめようが無いです。

私の岩盤浴の時にジーッとして、熱を浴びていると体内の癌が剥がれる感じがする。これは、
見たわけでなく感じるだけの話です。その後CTスキャンで確認すると半分に縮小していた。

温熱療法は直ぐに効果が出ないから、イライラするが、長い目で見て加療すれば良い。現実に玉川温泉の岩盤浴で癌が消えたり縮小した患者は私の他にも何人かいます。
岩盤浴で私の癌は25mmも有ったが13mmに5ヶ月の湯治で縮小している。もっと、長期間、
岩盤浴に、入っていれば快癒する期間を縮められた筈です。宿の食事が私に合わず早く帰宅したい
気持ちで、毎月一週間も滞在するのは、大変苦痛でした。

温熱療法は未だ一部の医師は肯定するも、医師の認知を受けていない。
免疫療法の話も聞きますが、私の場合は体温を維持して体力を付ける方が効果的だと思います。
免疫療法は高価で中々好結果を得られず、友の場合は、成功せず、旅立ってしまった。
by gantou | 2016-12-05 18:03